おすすめ記事

安全な商品?Fasa(ファーサ)育毛剤の全成分効果や副作用危険度を解析!

こちらのページではFasa(ファーサ)育毛剤の副作用についてまとめていきます!

Fasa育毛剤に含まれる成分をすべて洗い出し、全成分が持つそれぞれの効果と副作用の危険度を徹底解析してみました!

なお、先に結論から言うとFasa(ファーサ)育毛剤は副作用がない安全な育毛剤と言う事がわかったのですが、成分についてより詳しく知りたい場合はぜひ本文をご確認ください!

成分 効果 副作用の有無
グリチルリチン酸ジカリウム 抗炎症、抗アレルギー作用や、肥満細胞からのヒスタミン遊離抑制作用、敏感肌症状改善作用などがあります。 無し
センブリ抽出液 毛根の細胞賦活作用、毛細血管の増強による血行促進作用、育毛作用目的で配合される成分です。 無し
ニンジンエキス 保湿、肌荒れ予防、血流改善効果があり、スキンケア全般で皮膚コンディショニング剤として使用されています。 無し
精製水 化粧水成分が浸透しやすい肌状態をつくる、敏感肌でも使用できる不純物の含まれていない水です。 無し
エタノール 精製水を加え必要な濃度に調整するための溶剤としてや、防腐剤として使用されています。 無し
ジプロピレングリコール 皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用や、TEWL抑制によるバリア改善作用などがあります。 無し
1,3-ブチレングリコール 水分量増加による保湿作用や抗菌・防腐による製品安定化剤として使用されています。 無し
無水エタノール 雑菌によって劣化するのを防ぐ防腐効果、皮膚の抗菌・殺菌、スッキリとした使用感の演出します。 無し
ヒアルロン酸ナトリウム(2) 皮膚表面に被膜を形成し皮膚の水分蒸散を抑え、角層の水分を保ち優れた抱水性があります。 無し
フェノキシエタノール 殺菌作用があり、グラム陰性菌に対し特に有効です。化粧品への配合は1.0%以下です。 無し
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 製品の水と油を乳化するのために利用される。育毛剤に配合された有効成分を溶解して分散させます。 無し
クエン酸ナトリウム 収れん作用、保湿作用、角質柔軟作用があります。柑橘類に含まれる有機酸でピーリング成分です。 無し
クエン酸 pHの調整またはキレート作用目的で微量使用されることが多いですが、収れん作用もあります。 無し
海藻エキス(1) 海の栄養分やミネラルを豊富に含んでおり、皮膚や髪の活力を蘇られ、保湿、柔軟性、ハリを与えます。 無し
アシタバエキス 血行促進作用や細胞活性作用が高く、肌の新陳代謝を促すことからアンチエイジングやUVケアにも効果的です。 無し
エデト酸二ナトリウム エチレンジアミン四酢酸の二ナトリウム塩であり、ジアミン誘導体です。製品自体のキレート作用があります。 無し
加水分解コンキオリン液 真珠から採れたタンパク質なので、髪のツヤを出したり頭皮を保湿したりする働きがあります。 無し
ブッチャーブルームエキス 皮脂分泌抑制による抗炎症作用や、メラニン産生促進による抗白髪作用などがあります。 無し
ビワ葉エキス 保湿効果や肌あれを防いでハリやツヤを与える効果があることから、育毛剤に配合されています。 無し
イチョウエキス 血管拡張作用があります。また活性酸素が過酸化脂質を作るのを妨げ、アレルギーの改善にも効果的です。 無し
チャエキス(1) 収れん効果、消炎効果、酸化防止効果にすぐれ、肌を引き締めるために配合されます。 無し
アルニカエキス 抗炎症、血行促進の効果があります。 ハーブの一種で、うがい薬としても使用されています。 無し
マロニエエキス 血行促進作用で毛乳頭に栄養がいきわたり、保湿効果や抗酸化作用により育毛環境を整えます。 無し

※副作用の有無について、当サイト独自基準で判断しています。

Fasa育毛剤に含まれる成分の効果や副作用の危険度を一覧表にしてまとめてみました!

上記表を見て頂ければわかる通り、Fasa(ファーサ)育毛剤には危険性の高い成分は含まれていないことが判明しましたよ!

Fasa(ファーサ)育毛剤は肌に優しい成分だけを配合しているので、皮膚が弱い方でも安心してお使い頂けます♫

またFasa育毛剤は医薬部外品の認定を受けているで、その安全性や効果については国からの保証付きです♫

センブリエキスやグリチルリチン酸も含まれるので、頭皮環境を根本から改善し元気な髪の毛が生えやすい状態へと導いてくれるでしょう!

安全かつ確実に効果を実感できる育毛剤を選びたいと言うことなら、このFasa育毛剤を選んでおけば間違いはありませんよ!

副作用無し!Fasa(ファーサ)育毛剤の公式サイトはこちら!